不登校新聞

266号(2009.5.15)

第2回 まずは早寝早起き願望を捨てよう

2014年03月13日 12:04 by nakajima_

連載「安心ひきこもりLIFE」


 五月病という言葉から何をイメージしますか。ひきこもりダティーであるなら、わが家の穀潰しが五月だけであってくれたなら、オールシーズン病気じゃないかと、ため息をつき、うなだれているかと思います。本人はというと、季節感がないから、いつもの通りです。やらなきゃいけない勉強をしないまま朝を迎えてしまった、受験生のような心境。学校に行かなきゃ、働かなきゃと思いつつも、結局なにも手をつけることなく、焦燥感と将来の不安に怯え、朝日を眺める。「せめて、早く寝ればよかった」、ひきこもりの一日はいつもこの後悔で終わります。

 早寝早起きはひきこもり永遠の悲願であると同時に、かなわぬ夢であります。現在も「明日早く起きるために今日はもう寝てしまおう」と、鼻息荒く布団にもぐりこむひきこもり男子が全国に100万人いると聞いております。いかがなものでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...