不登校新聞

266号(2009.5.15)

声「島根より」

2014年03月13日 12:11 by nakajima_

 「フリーダス」が子どもの居場所として島根県松江市にできてから、もう15年近くが経った。週に数回、公民館で開いていたころから数えると、かれこれ20年近い。

 いまも昔も10人前後の子どもたちがやってくる、小さな規模で細々と居場所を開いている。昔は、芝居小屋だった建物を借りて、お茶を飲んだり、お菓子をつくったり、ゲームをしたりしていた。いまは週に5日開けている。

 冬にはコタツを出し鍋パーティー、夏には笹巻をつくり、秋にはみんなで植えたお米や芋で収穫祭を開いている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...