不登校新聞

357号(2013.3.1)

第13回 恐怖・不安とはなにか

2014年02月26日 17:45 by koguma
 
 

連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」

 今回から、テーマは「恐怖」と「不安」です。そもそも、恐怖や不安は、どのように生起するのか。また近年、「強迫神経症」や「不安性障害」という診断名を耳にする機会が増えましたが、現在の精神医学はこれらをどう捉え、投薬を含め、どのような治療を行なっているのか、などなど。さまざまな視点から考えてみたいと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...