不登校新聞

357号(2013.3.1)

第13回 恐怖・不安とはなにか

2014年02月26日 17:45 by koguma
 
 

連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」

 今回から、テーマは「恐怖」と「不安」です。そもそも、恐怖や不安は、どのように生起するのか。また近年、「強迫神経症」や「不安性障害」という診断名を耳にする機会が増えましたが、現在の精神医学はこれらをどう捉え、投薬を含め、どのような治療を行なっているのか、などなど。さまざまな視点から考えてみたいと思います。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...