不登校新聞

382号 (2014.3.15)

岡山県 不登校削減事業を開始

2014年03月14日 16:39 by koguma


 岡山県は2014年度より、「登校支援員」事業を新たに開始する。小学生の不登校発生率(2012年度)が全国3番目の高さという現状を受け、30名の非常勤職員を県内の小学校に配置。年間10日程度欠席している児童を対象に毎朝の家庭訪問を行なうほか、保護者との面談などを通じ、不登校を未然防止するのが狙いだ。
 
 「教育県岡山の復活」を選挙公約に掲げて当選した伊原木隆太県知事の意向をもとに、県は昨年12月、「晴れの国おかやま生き活きプラン」を策定した。2014年からの3年間で達成すべき90項目の数値目標が掲げられており、不登校については児童生徒1000人当たり16・3人という発生割合を10人以下に引き下げるとしている。
 
 不登校の削減を目指す取り組みは90年代後半から全国の自治体で行なわれており、福島県の「不登校30・15戦略」(2004年)、新潟市の「不登校未然防止プロジェクト」(2006年)などがある。最近では沖縄県が2013年9月、高校生不登校を3年で半減させる計画案を示している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...