不登校新聞

357号(2013.3.1)

かがり火

2013年08月07日 14:28 by kito-shin


 この国では、体罰はずっと存在した。愛のムチだとか肯定する言いまわしもあって、社会的に許容されてきた。桜宮高校の男子生徒の自殺があって「本質的には暴力行為だ」「犯罪だ、あってはならない」という声が少し盛り上がった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...