不登校新聞

265号(2009.5.1)

第8回 底つき体験、自分の軸に

2014年03月19日 12:04 by 匿名


連載「親子ってなんだろ?」


 前回に引き続き、箱崎幸恵さんのお話。今回は、「自分の気持ちと向き合う」ことを中心にお聞きした。

――箱崎さんは「自分の気持ち」と向き合う大事さをずっと訴えていますね。
 私が19歳のとき、父はガンで入院しました。入院する直前、私に「悪かった」と言ったんです。不意にそう言われて、私は何も言えずに無視してしまったんです。そしてそれが父と交わした最後の言葉になりました。父は入院してすぐに意識がもうろうとなり、そのまま亡くなっていきました。すごく後悔しました。父が「悪かった」と言ったとき、なんでもいいから自分の気持ちをぶつけていればよかった、と。

 私は乳ガンという病気を境に気持ちを吐き出し向き合える機会を得ましたが、虐待をした親や里親を希望する親でさえも、やはり「自分の気持ちを抑圧してきた」という経緯がある人が多いように感じています。どんな人でも自分の気持ちと向き合うことが必要だと思っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親ってほんとに子どもが心配なの」加藤登紀子が語る子離れの瞬間

538号 2020/9/15

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...