不登校新聞

265号(2009.5.1)

不登校当事者手記 はじめてのアルバイト

2014年03月19日 13:14 by nakajima_


 不登校、ひきこもり経験者の初めてのアルバイトとは――。経験者の語りとして今回執筆していただいたのは、高木百合子さん。高木さんは始めてのアルバイトを2日で辞めた。一方、その後に勤め始めた書店のアルバイトでは3年続いた。当時のアルバイト経験をふり返り、当時は何ゆえにアルバイトに駆り立てられていたのか、執筆していただいた。

 初めてバイトをしたのは17歳。3年間の中学不登校生活を終え、通信制の高校に在籍していた私は、友だちができたことで徐々に学校が楽しくなり、自分に自信もついてきて「次はバイトがしてみたい」と考えた。

 最初はクリーニング屋だった。友だちがバイトをしていて「わりと楽」だと聞いていたので、自分にもできそうな気がした。

 初日、初めての接客でガチガチに緊張していた私は、いろいろやらかした。今でも思い出すたび恥ずかしくなるのは、先輩に「シャツのボタンは取って」と言われてボタンを引きちぎろうとしたこと。そんなクリーニング屋がどこにいるのだ。幸いすぐに止められて、ボタンは無事だったが、恥ずかしくて死んでしまいそうだった。本当にいっぱいいっぱいだったのだと思う。とにかく怖くて緊張してびくびくしていた。

 初バイト2日目。この日、仕事場で組んだ人はちょっとキツイ感じのする人だった。店の電話が鳴って焦っていたら、奥からその先輩が出てきて「電話くらい出られないの?!」と怒鳴られた。

 社会に出るための登竜門

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...