不登校新聞

265号(2009.5.1)

ひきこもり再考

2014年03月19日 12:38 by 匿名


 今回は、石川良子さん。ひきこもりの会の世話人も務める石川さんは「いまこそ、ひきこもりを再考すべき」と語る。ひきこもりの現状や今後についてうかがった。

――ひきこもりの問題に取り組むいきさつは?
 私自身、ひきこもりの経験があるわけではないのですが、ひきこもりにシンパシーを感じたのが、そもそもの始まりでした。ひきこもりが注目され始めた2000年ごろ、私は大学卒業後の進路に悩んでいました。この先どうするか、と考えながらもまったく就職活動に身が入らず、身も心もモヤモヤしていました。

 ちょうどそのころ、ひきこもりの存在を知ったんですね。「この人たちの何が問題なのか」と疑問を抱くと同時に、「ひきこもりの問題は私のいまと通じる部分がある」と感じました。その後は、運よく大学院に滑り込むことができたので、当事者に会い、話を聴くことを通して考えを深めたいと思うようになったのが始まりです。

――ひきこもりの現状について、どのように見られていますか?
 斎藤環さんの著書『社会的ひきこもり』から10年がすぎ、この問題も一周したのかな、という気はしています。当初、「ひきこもりってなんだ?」ということで、社会の注目が大きく集まるなか、「人と関われずに、閉じこもっている人たち」というかたちで、ネガティブなイメージが一気に拡がりました。そのうち、当事者どうしの自助グループや居場所ができるなかで、他者と関われるようになる当事者の方が少しずつ増えていくなどし、ひきこもり当事者への厳しいまなざしも少しずつ和らいでいく感がありました。

 ひきこもりとニートは別問題 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親ってほんとに子どもが心配なの」加藤登紀子が語る子離れの瞬間

538号 2020/9/15

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...