不登校新聞

265号(2009.5.1)

高校生不登校にも通学定期

2014年03月19日 12:44 by nakajima_
 今年度より、不登校の高校生がフリースクールなど学校外の居場所に通っている場合、在籍校の校長判断によって通学定期が発行されることがわかった。

  今年2月25日、文科省はフリースクール環境整備推進議員連盟総会にて、検討項目として高校生の不登校を校長判断で出席認定にできることを報告した。その後、3月に入って文科省は出席認定と出席認定した場合の「実習用通学定期券」について通知を出した。これで小中学校の不登校の子がフリースクールへ通う場合同様、校長裁量で通学定期券が発行される。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...