不登校新聞

358号(2013.3.15)

大津中2いじめ自殺 第2回

2013年08月12日 11:21 by shiko



周囲の子から、SOSも

 大津いじめ自殺の調査報告書によれば、9月8日、グラウンドで綱引きの順番を待っているあいだ、加害少年Bは少年の首を後ろから締め上げて倒しているところが目撃されている。 以降、少年は毎日のように暴力を受ける。一番よく見られたのがプロレスごっこだったそうだ。馬乗りになられる、足払いをされる……、1986年に亡くなった鹿川裕史くんも、よくプロレスごっこをさせられ「サンドバッグ状態だった」と生徒が供述しているが、同様の状態だったのかもしれない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...