不登校新聞

264号(2009.4.15)

第6回 不登校を取り巻く環境

2014年04月03日 14:33 by nakajima_


連載「不登校再考」


 「不登校を取り巻く環境がどのように変わったか」の問いかけには否定的なものを含めさまざまな意見があるが、フリースクールなど民間の学校外の居場所が増えていったのは事実である。20年ほど前のように、不登校によってパニック状態になる人は少なくなった。私たちのフリースクールりんごの木の活動を通してみても、行政の職員など個人レベルではずいぶん柔軟になったなと思うことが多い。全国的にも、フリースクール全国ネットワークの活動から議員連盟ができた。また同ネットワークの政策制度研究会が「フリースクールからの提言」を作成するにあたっては、専門家、識者の方々にも協力をいただくことができた。社会のまなざしは柔軟なほうへ少し変わったと言えるのでは、と思う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...