連載「不登校再考」


 「不登校を取り巻く環境がどのように変わったか」の問いかけには否定的なものを含めさまざまな意見があるが、フリースクールなど民間の学校外の居場所が増えていったのは事実である。20年ほど前のように、不登校によってパニック状態になる人は少なくなった。私たちのフリースクールりんごの木の活動を通してみても、行政の職員など個人レベルではずいぶん柔軟になったなと思うことが多い。全国的にも、フリースクール全国ネットワークの活動から議員連盟ができた。また同ネットワークの政策制度研究会が「フリースクールからの提言」を作成するにあたっては、専門家、識者の方々にも協力をいただくことができた。社会のまなざしは柔軟なほうへ少し変わったと言えるのでは、と思う。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。