不登校新聞

264号(2009.4.15)

声「学校の主人公は誰?」

2014年04月03日 12:52 by nakajima_


 卒業式について、学校が「不登校の児童生徒にも、せめて卒業式でみんなといっしょに卒業証書を渡してあげたい」と思うのは自然な気持ちでしょう。

 しかし、卒業式が「晴れの舞台」になるのは、学校生活が楽しく、有意義だった場合の話であって、つらく悲しい、いやな思い出ばかり詰まっていたらどうでしょうか。

 先日、何人かの親御さんたちと卒業式の話題になり、がんばって式に出た方、別室で卒業証書を渡してもらった方、家に届けてもらった方などさまざまでしたが、感激よりも「一区切りついてホッとした」とおっしゃってました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...