不登校新聞

264号(2009.4.15)

今日のひとこま クレイン・ハーバー

2014年04月03日 13:23 by nakajima_


 毎月お世話になっている木工のおじさんのところへ「竹やぶならし」に行きました。うっそうとした竹林の竹を伐採して日当たりがよくなるくらいの間隔に竹を残すと春にタケノコが出やすくなるのです。今春のタケノコ大量収穫を楽しみに作業をすすめ、竹林はみるみる日当たり良好に! 切った竹は集めて燃やします。みんな力仕事にも関わらず楽しくワイワイと仕事しました。

 竹を燃やしていると、時折「バン!バン!」と激しい爆裂音が!!!驚きながらも、子どもたちも大いに喜んでいました(クレイン・ハーバー 中村尊)

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...