不登校新聞

263号(2009.4.1)

かがり火 多田元

2014年04月10日 12:03 by nakajima_

 3週間ほど前から腰痛で、仕事に急ブレーキがかかり、整体師の治療を受けている。長時間のドライブやパソコンでの作業、睡眠時間を削る日常は、「腰に悪いことばかりだね」と整体師の先生の問診とお説教。

 杖をつき、前屈みで歩く姿は、われながら情けない。これが人間の原型だ。「直立二足歩行にそもそも無理がある」と負け惜しみを言いながら、思い出した言葉がある。教育学者・大田堯さんの講演で聴いた言葉だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...