不登校新聞

263号(2009.4.1)

箱崎幸恵さんに聞く(上)

2014年04月10日 12:11 by nakajima_


連載「親子ってなんだろ?」


今回、お話をうかがったのは箱崎幸恵さん。箱崎さんは、アルコール依存症の父との関係で苦しんだ経験から、現在は虐待防止、里親支援などの活動を続けている。箱崎さんには、子ども時代をふり返ってもらいながら「親子のあり方」について語っていただいた。

――里親支援に関わるきっかけを教えてください。
 児童虐待防止法が制定された2000年、私は市民の立場からこの法律を制定させるため運動に没頭していました。自分の子ども時代の経験からも、ジャーナリストとして虐待事件の取材をしてきたことからも、子どもを守るための法律が必要だと思っていたからです。この活動を通して里親と里子の支援する市民活動をしている「アン基金プロジェクト」と出会いました。

 いま私は、子どもの虐待防止のサイト「オレンジリボンネット」で、虐待防止の活動を進める一方で、フリーランスのライターとして仕事をしています。

――活動の原点になったのは?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「理由はとくにないみたい」漫画家が語った私と娘の不登校

506号 2019/5/15

風呂に入らず、昼夜逆転も、私のひきこもりが自然に終わった理由

502号 2019/3/15

「不登校の時間をクリエイティブに」美術家・風間サチコさんに聞く

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...