不登校新聞

263号(2009.4.1)

小金井市、子どもの権利条例制定

2014年04月10日 12:17 by nakajima_
 09年3月3日、東京都・小金井市において、「小金井市子どもの権利に関する条例」が同市議会において可決され、成立した。

 「小金井市子どもの権利に関する条例」は2001年、「のびゆく子ども小金井プラン」のなかで、子どもの権利条例として制定する方針が打ち出された。それにともない、03年9月には「小金井市子どもの権利条例策定委員会」が設置された。

 08年10月、稲葉孝彦小金井市長より議会に提案され、3月3日、小金井市議会において可決、成立した。

 子どもに関する条例としては、「青少年健全育成条例」などの呼び名で、子どもの深夜徘徊や有害図書などの販売を禁止した条例が全国の自治体にある。この種の条例のねらいは、子どもの保護と健全な育成に必要な環境整備にある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「毅然とした生徒指導を」国立教育研究所と文科省が提言

196号(2006.6.15)

子どもの日に1万7000件の電話相談

196号(2006.6.15)

「3年間で不登校を半減政策」 新潟市で開始

196号(2006.6.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...