不登校新聞

263号(2009.4.1)

小金井市、子どもの権利条例制定

2014年04月10日 12:17 by nakajima_
 09年3月3日、東京都・小金井市において、「小金井市子どもの権利に関する条例」が同市議会において可決され、成立した。

 「小金井市子どもの権利に関する条例」は2001年、「のびゆく子ども小金井プラン」のなかで、子どもの権利条例として制定する方針が打ち出された。それにともない、03年9月には「小金井市子どもの権利条例策定委員会」が設置された。

 08年10月、稲葉孝彦小金井市長より議会に提案され、3月3日、小金井市議会において可決、成立した。

 子どもに関する条例としては、「青少年健全育成条例」などの呼び名で、子どもの深夜徘徊や有害図書などの販売を禁止した条例が全国の自治体にある。この種の条例のねらいは、子どもの保護と健全な育成に必要な環境整備にある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

あなたは知っていますか? 1年で最もいじめが多い時期

487号 2018/8/1

「学校に戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ

487号 2018/8/1

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...