不登校新聞

263号(2009.4.1)

少年犯罪、半世紀ぶりに10万人切る

2014年04月10日 12:19 by nakajima_
2008年に刑法犯として検挙された少年(14~19歳)は9万966人だったことが、2月19日、警察庁のまとめでわかった。5年連続の減少で、10万人を下回るのは、52年ぶり。

 検挙された少年の内訳で、もっとも多かったのが「窃盗犯」(路上ひったくりや自転車盗難など)で5万2557人、検挙者数全体57・8%を占めた。つぎに多かったのが「粗暴犯」(暴行、障害、恐喝など)で8645人(同9・5%)だった。

 「凶悪犯」(強盗、放火、強姦、殺人など)として検挙されたのは956人で、前年より86人減り、5年連続の減少となった。「凶悪犯」のうち、もっとも多かったのが強盗713人で、「凶悪犯」全体の74・6%を占めた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

自殺防止対策基本法案、大綱発表

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...