不登校新聞

263号(2009.4.1)

少年犯罪、半世紀ぶりに10万人切る

2014年04月10日 12:19 by nakajima_
2008年に刑法犯として検挙された少年(14~19歳)は9万966人だったことが、2月19日、警察庁のまとめでわかった。5年連続の減少で、10万人を下回るのは、52年ぶり。

 検挙された少年の内訳で、もっとも多かったのが「窃盗犯」(路上ひったくりや自転車盗難など)で5万2557人、検挙者数全体57・8%を占めた。つぎに多かったのが「粗暴犯」(暴行、障害、恐喝など)で8645人(同9・5%)だった。

 「凶悪犯」(強盗、放火、強姦、殺人など)として検挙されたのは956人で、前年より86人減り、5年連続の減少となった。「凶悪犯」のうち、もっとも多かったのが強盗713人で、「凶悪犯」全体の74・6%を占めた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「毅然とした生徒指導を」国立教育研究所と文科省が提言

196号(2006.6.15)

子どもの日に1万7000件の電話相談

196号(2006.6.15)

「3年間で不登校を半減政策」 新潟市で開始

196号(2006.6.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...