不登校新聞

263号(2009.4.1)

Q&A フリースクールが近くにないです

2014年04月10日 12:22 by nakajima_

 Q.15歳の息子が、中学校3年生の夏から学校に行かなくなり、中学卒業後も高校には進学しませんでした。まわりにフリースクールなどもなく、通える居場所がありません。同世代の子と会って話をしたり、遊んだりする時間が必要じゃないかと思って心配なのですが、どうしたらいいのでしょうか。



 A.いま、息子さんが一人ぼっちでいることがご心配なのでしょうね。家庭では、どのように過ごしていらっしゃるのでしょうか。家族のあいだで穏やかに会話ができているのであれば、まずは、それはとてもよいことだと考えられます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

夏休み中、不登校の子にしてはいけない約束とは

487号 2018/8/1

知らないと損する?「高認」のメリットと注意点

479号 2018/4/1

新学期目前は親も子もざわつく時期、臨床心理士が解く「子どもの葛藤」の支え方

478号 2018/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...