不登校新聞

263号(2009.4.1)

Q&A フリースクールが近くにないです

2014年04月10日 12:22 by nakajima_

 Q.15歳の息子が、中学校3年生の夏から学校に行かなくなり、中学卒業後も高校には進学しませんでした。まわりにフリースクールなどもなく、通える居場所がありません。同世代の子と会って話をしたり、遊んだりする時間が必要じゃないかと思って心配なのですが、どうしたらいいのでしょうか。



 A.いま、息子さんが一人ぼっちでいることがご心配なのでしょうね。家庭では、どのように過ごしていらっしゃるのでしょうか。家族のあいだで穏やかに会話ができているのであれば、まずは、それはとてもよいことだと考えられます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

3学期は子どもがつらい時期、わが子を焦らせないためには

499号 2019/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...