不登校新聞

263号(2009.4.1)

ひといき 多田耕史

2014年04月10日 12:41 by nakajima_

 前にも少し触れたが、名古屋の公共交通機関のマナーの悪さは、乗客だけじゃない。

 この前なんか、バスを降りるときに、運転手に怒鳴られた。「後ろの扉から降りろ!」と。カチンときた。そんなこと何も声を荒げなくてもわかる。「この野郎!」と思ったが、でも、そこでケンカしたところで、まわりのお客さんに迷惑がかかるだけだ。何かスッキリしない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...