不登校新聞

262号(2009.3.15)

フリースクールに通う高校生を出席認定へ

2014年04月10日 15:16 by nakajima_


 文科省は来年度から、不登校の高校生がフリースクールなど学校外の居場所に通っている場合、在籍校の校長の判断によって、出席日数に加えることができる方針を出した。学割定期の適用についても検討を進めている。

 出席認定、学割定期の適用については、2月25日のフリースクール環境整備推進議員連盟、2月27日の中央教育審議会で報告された。出席認定について、文科省は「自立支援という観点から、フリースクール・民間施設での活動を積極的に評価できるようにしたい」と話している。ただし「高校生」という枠組みのなかに通信制高校が含まれるのかはいまだ不透明。

 大半の子は適用範囲外



この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...