不登校新聞

262号(2009.3.15)

Q&A「不登校を認めるだけで大丈夫?」

2014年04月10日 15:36 by nakajima_

 Q.わが家には、不登校をしている中学1年生の娘がおります。学校を休み始めたのは昨年の6月ごろからですが、親としては何とか登校してもらいたかったものの、友人のアドバイスをきいて、学校に行かないことを認めてきました。不登校を認めていれば動き出すのでは、と思っていました。それなのに、いつまでもゴロゴロとすごす生活はいっこうに変わりません。本当に、不登校を認めたままでいいのでしょうか。(宮崎県 田中芽美子(仮名))

 A.6月ごろからの不登校というと、すでに9カ月がすぎており、しかもいまは学年も終わろうとしている時期ですから、田中さんが、不登校を認めたままでいいのだろうか、と不安になられるのも無理はありません。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...