不登校新聞

262号(2009.3.15)

Q&A「不登校を認めるだけで大丈夫?」

2014年04月10日 15:36 by nakajima_

 Q.わが家には、不登校をしている中学1年生の娘がおります。学校を休み始めたのは昨年の6月ごろからですが、親としては何とか登校してもらいたかったものの、友人のアドバイスをきいて、学校に行かないことを認めてきました。不登校を認めていれば動き出すのでは、と思っていました。それなのに、いつまでもゴロゴロとすごす生活はいっこうに変わりません。本当に、不登校を認めたままでいいのでしょうか。(宮崎県 田中芽美子(仮名))

 A.6月ごろからの不登校というと、すでに9カ月がすぎており、しかもいまは学年も終わろうとしている時期ですから、田中さんが、不登校を認めたままでいいのだろうか、と不安になられるのも無理はありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...