不登校新聞

262号(2009.3.15)

Q&A「不登校を認めるだけで大丈夫?」

2014年04月10日 15:36 by 匿名

 Q.わが家には、不登校をしている中学1年生の娘がおります。学校を休み始めたのは昨年の6月ごろからですが、親としては何とか登校してもらいたかったものの、友人のアドバイスをきいて、学校に行かないことを認めてきました。不登校を認めていれば動き出すのでは、と思っていました。それなのに、いつまでもゴロゴロとすごす生活はいっこうに変わりません。本当に、不登校を認めたままでいいのでしょうか。(宮崎県 田中芽美子(仮名))

 A.6月ごろからの不登校というと、すでに9カ月がすぎており、しかもいまは学年も終わろうとしている時期ですから、田中さんが、不登校を認めたままでいいのだろうか、と不安になられるのも無理はありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...