不登校新聞

262号(2009.3.15)

映画『子どもの情景』

2014年04月10日 15:40 by nakajima_


 監督のハナさんは、8歳で学校を不登校した。そして、19歳で本作を完成させた。イランに住む彼女が、どんな思いでアフガニスタンを舞台に映画を撮ろうとしたのか、私も不登校を経験し、同い年という共通点でも興味を持った。

 映画から見えてくるのは、消えない戦争の苦しみ、タリバンなどの圧力から来る恐怖、伝統的理由や治安の悪さから、女の子が教育を受けるのが難しい現実……。

 シンプルな映画のなかにはいくつもの問題が描かれている。純粋な楽しさや興味から湧いてくるのが「学び」の根本だということも、型にはまった学校教育から抜け出たハナさんだからこそ、表現できたメッセージのひとつかも知れない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...