不登校新聞

262号(2009.3.15)

映画『子どもの情景』

2014年04月10日 15:40 by nakajima_


 監督のハナさんは、8歳で学校を不登校した。そして、19歳で本作を完成させた。イランに住む彼女が、どんな思いでアフガニスタンを舞台に映画を撮ろうとしたのか、私も不登校を経験し、同い年という共通点でも興味を持った。

 映画から見えてくるのは、消えない戦争の苦しみ、タリバンなどの圧力から来る恐怖、伝統的理由や治安の悪さから、女の子が教育を受けるのが難しい現実……。

 シンプルな映画のなかにはいくつもの問題が描かれている。純粋な楽しさや興味から湧いてくるのが「学び」の根本だということも、型にはまった学校教育から抜け出たハナさんだからこそ、表現できたメッセージのひとつかも知れない。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...