不登校新聞

262号(2009.3.15)

第262号 過剰医療の時代

2014年04月10日 15:46 by nakajima_

連載「不登校の歴史」


 90年代末から、私たちが過剰医療ではないか、と感じるケースが増えていった。フリースクールに大きな薬袋を持ってくる小学生がいた。親から飲み忘れのないよう頼まれたスタッフは昼食後、いっしょに服用に立ち会う。その種類が10種類。精神薬の一つひとつに副作用止めの薬が出されていた。寝る前は、これに睡眠薬が加わるという。

 親も半信半疑ながら、医者の指示だから、と飲ませるしかない。聞いてみると、不登校が始まってしばらくして、家庭内暴力が出たという。困った母親がスクールカウンセラーに相談した。スクールカウンセラーは、母親に精神科の受診をすすめた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...