不登校新聞

384号 (2014.4.15)

名古屋市中2自殺 いじめが原因と指摘

2014年04月11日 11:27 by koguma


 2013年7月、名古屋市に住む中学2年の男子生徒(当時13歳)が自宅近くのマンションから飛び降り自殺した問題について、外部の第三者委員らでつくる検証委員会は3月27日、報告書をまとめた。自殺のおもな要因として「提出物忘れ」と「クラス・部活内でのいじめ」の2点を挙げた。
 
 報告書によれば、男子生徒は作業中に別の情報が入ってくると作業内容を忘れてしまう傾向があり、提出物を忘れることをつねに気にしていたという。
 
  また、中学1年の1学期から「うざい」「きもい」「死ね」と言われる、筆箱を取られるなどのいじめを受けていた。さらに、所属していたソフトテニス部でも、「仲間外れにされる」「わざとボールをぶつけられる」「バイキン扱いされる」などの事実が確認されている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...