須永祐慈さん

  5月18日、静岡県浜松市にて講演会「いじめ・不登校に向き合う」が開催される。講師を務めるのは、須永祐慈さん。
 
 須永さんは小学校4年生のとき、いじめにより不登校。以来、2年半ひきこもったのち、「東京シューレ」へ入会。シューレ大学、出版社の立ち上げなどを経て、現在はNPO法人「ストップいじめナビ」の事務局長などを務める。 
 
 「ストップいじめナビ」は、いじめの解決を目指して立ち上げられた民間のプロジェクトチーム。(本紙348号参照)。荻上チキさん(評論家)、江川昭子さんらが名を連ねる。ポータルサイト運営など子どもがアプローチしやすい情報提供を行なっている。
 
 須永さんの講演は、連続講座「はままつチャイルドライン第3期受け手ボランティア養成講座」の一環。講座は子ども電話相談「チャイルドライン」のボランティア養成を目的としており全11回、行なわれる。単体での講演受講も可能。
 
 当日は本紙理事・多田元さんによる「子どもの権利について~虐待や緊急対応」も予定されている。

2014年5月18日
■「いじめ・不登校に向き合う」
会 場 クリエート浜松 51講座室(静岡県)
時 間 午後1時15分~午後3時
住 所 浜松市中区早馬町2-1
最寄駅 JR浜松駅より徒歩10分
申 込 必要
参加費 800円(1回/※講演会「子どもの権利について」などは別途800円必要)
主 催 はままつチャイルドライン
連絡先 053-448-6129
備 考 そのほかの講演会内容、会場については主催団体「はままつチャイルドライン」までお問い合わせください。


5月11日岩手県一関市でシンポジウム


 岩手県一関市でシンポジウム「わが子の不登校とどうかかわってきたか」が開催される。
 
 今回のシンポジウムは、一関市の親の会1周年を記念してのこと。シンポジウムでは、宮城県気仙沼市を始め、福島、千葉、東京から、不登校の子どもを持つ親が登壇する。
 
 「学校に行きたくないと言って動かない」「部屋にひきこもりっぱなし」「進路はどうすれば」といった具体的な悩み事について話し合われる予定。
 
 シンポジウムを主催するのは東京シューレ。学校外の子どもの居場所、学び場として1985年に開設したフリースクール。子どもの側に立った関わりのフリースクールとしては草分け的存在だと言われている。
 
 「東京シューレ」では震災以降、被災地での不登校支援活動を実施。2013年5月からは一関市で親の会ができるようになった。シンポジウムの詳細は上記を参照のうえ、お問い合せを。

◎2014年5月11日
会 場 一関文化センター1階「展示室」
住 所 一関市大手町2-16
最寄駅 JR「一関」駅西口より徒歩5分
参加費 500円(要事前申込)
主 催 東京シューレ
連絡先 03-5993-3135
備 考 ふだんの定例会については上記の連絡先にお問い合わせください。


その他、4月中旬以降の不登校・ひきこもりイベント

4月19日(土)
■講演会「自己肯定感を育むには」
会 場 松本市芳川公民館(長野県松本市)
時 間 午後1時~午後4時
講 師 多田元さん(弁護士)
参加費 800円
主 催 パラス
連絡先 0263-57-1039(小西)
    090-4954-7026(石井)

4月20日(日)/東京/参加費3800円
■「精神医学のカルテ~統合失調症とその『治療』」
会 場 成城ホール4階(東京都世田谷区)
時 間 午後0時半~午後2時半
講 師 木村一優さん(児童精神科医)
主 催 日本子どもソーシャルワーク協会
連絡先 03-5727-2133

4月20日(日)/東京/参加費3800円
■「精神医学のカルテ~新しいうつ病に罹患しない生き方を探る~自己責任論なんて怖くない?!」
会 場 成城ホール(世田谷区)
時 間 午後2時50分~午後4時50分
講 師 石川憲彦さん(児童精神科医)
主 催 日本子どもソーシャルワーク協会
連絡先 03-5727-2133

4月26日(土)
■講演会「発達障害を理解しよう」
会 場 明石市民ホール(兵庫県明石市)
時 間 午後1時半~午後3時半
講 師 竹田契一さん(大阪教育大学名誉教授)
参加費 無料
主 催 明石市、明石市教育委員会
連絡先 078-708-7674

4月27日(日)
■「こわれものの祭典・新潟公演~発達障害を考えよう!~」
会 場 新潟市総合福祉会館(新潟県新潟市)
時 間 午後1時半~午後4時
講 師 近守さん(ぷれジョブ)、なみなみさん(発達障害当事者)ほか
参加費 1000円
主 催 こわれものの祭典
連絡先 080-6618-8806(実行委員会)

4月29日(火・祝)
■講演会「仲間と出会えて」
会 場 ホテル一景閣(宮城県気仙沼市)
時 間 午後1時30分~午後4時半
講 師 不登校経験者の子どもほか
参加費 無料(先着50名)
主 催 フリースペースつなぎ
連絡先 090-2360-1075

5月16日(金)~6月6日(金)/大阪/参加費無料
■子育て自分育てワークショップ「この叱り方でいいの?このやり方でいいの?」
会 場 子育ていろいろ情報センター(大阪市)
時 間 【16日】「おこってばかりの私、これでいいの?」
     【23日】「いかりのパターンを知る」
     【30日】「どうやってしつけたらいいの?」
     【6月6日】「自分と子どものよりよい未来をつくる」
     いずれも午後2時~午後4時
講 師 佐藤まどかさん(カウンセリングスペース・リブ)
主 催 子育ていろいろ情報センター
連絡先 06-6354-0106



4月中旬以降の親の会情報

 
第3水曜日(16日)
■ブルースカイ親の会(長野)
連絡先 026-278-7223(松田)

第3木曜日(17日)
■神戸・アルバトロス(兵庫)
連絡先 078-351-1140(山本)       
■不登校・ひきこもりを話す市民の会(兵庫)
連絡先 078-360-0016        

第3土曜日(19日)
■不登校に学ぶ船橋の会(千葉)
連絡先 047-422-3708(船橋教職員組合内、不登校に学ぶ船橋の会 山口・岡)
■不登校の子どもを持つ親・保護者の会(東京)
連絡先 03-5678-8171(東京シューレ葛飾中学校)
■NPO法人いまじん不登校親の会(兵庫)
連絡先 090-6983-2120(岸本)
■河内長野で集まる会(大阪)
連絡先 0721-54-3301(永田)
■登校拒否を考える親の会(長崎)
連絡先 095-838-4021(井形)

第3日曜日(20日)
■アカシヤ会(函館市)
連絡先 090-6261-6984(野村)
■登校拒否を考える会(東京)
連絡先 03-5993-3135
■栃木登校拒否を考える会(栃木)
連絡先 0282-23-2290(石林)
■浜松登校拒否親の会(静岡)
連絡先 053-448-6129(青木)
■登校拒否を考える親・市民の会(鹿児島)
連絡先 099-258-7188(内沢)
■子午線ファミリー定例会(兵庫)
連絡先 078-961-6441(出水)
■けやきの会(千葉)
連絡先 090-9345-9653(黛)
■ニート・ひきこもりの家族会(岐阜)
連絡先 090-7432-9158(中川)
■板橋 不登校・ひきこもりの子を持つ親の会(東京)
連絡先 03-6784-1205
■あんだんて(愛媛)
連絡先 089-932-3058(西井)
■日野市不登校を考える親と子の会(東京)    
連絡先 090-3530-4122(大森)
■未来(不登校・子どもの未来を考えよう会)(広島)
連絡先 084-952-2523(脊尾)
■カタクリの会例会(島根)
連絡先 0852-26-5286(吾郷・夜)

第3月曜日(21日)
■鎌倉 根っこの会(神奈川)
連絡先 090-8437-0126(吉岡)

第4木曜日(24日)
■ほっとすぽっと"よかっ種”(神奈川)
連絡先 046-264-0225(斉藤)

第4金曜日(25日)
■のびるの会(東京)
連絡先 090-2488-2550(平野)
*奇数月は第4木曜日

第4土曜日(26日)
■おーぷんはうす例会(石川)
連絡先 076-285-1756(高橋)
■練馬・登校拒否を考える親の会(東京)
連絡先 03-3923-7132(水村)
■フリースクールForLife親の会(兵庫)
連絡先 078-706-6186
■Tea Time例会(神奈川)
連絡先 044-852-5890(田坂)
■休もう会例会(千葉)
連絡先 043-460-1335(下村)  
■NPO法人ビーンズふくしま親の会(福島)
連絡先 024-563-6255
■みなものまんま会(大阪)
連絡先 06-6881-0803(フリースクールみなも)

第4日曜日(27日)
■学校に行かない子と親の会(大阪)
連絡先 06-6977-3118
※20代(10代後半)の若者を持つ親の会も同時開催
■学校に行かない子をもつ親の会・KOCHI例会(高知)
連絡先 088-866-4933(野中)
■不登校を考える親の会・不登校ネットワーク(兵庫)
連絡先 078-965-7100
■昴の会~不登校をともに考える会(北斗市)
連絡先 0138-49-3245 090-9438-0825(川崎)
■名古屋北部・不登校親の会(愛知)
連絡先 052-916-3496
■不登校を考える親の会ほっとそっとmama(愛媛)
連絡先 080-5669-7147(近藤)
※こんぺいとうの花の会も同時開催



◆読者登録をすると、月2回最新号発行時にメールでお知らせ。創刊からこれまでの記事(現在随時追加中)など『不登校新聞』すべての記事を読むことができます。