不登校新聞

384号 (2014.4.15)

アルバイトを始めました

2014年04月11日 12:43 by kito-shin


 バイトしたいけど勇気がない。人づき合いが苦手な私がバイトなどできるはずない。そう思っている同世代の人も多いと思います。けれど昔の人は言いました。「案ずるより産むが易し」。そこで私のバイト体験記を書こうと思います。
 
 私は中学に入ってすぐに不登校になりました。その後、学校には行っていません。約5年後の昨年5月からクリーニング屋でバイトを始めました。面接はいたってシンプルでした。「高校は行ってないの?」「行ってないです。じつは不登校なんですよ」「へえ~そうなんだ。1年間は勤められますか」「はい」これで採用。

緊張ピークは履歴書作成


 面接の前はホントに恐かったです。中卒だし、資格もないし、不登校だし。鼻で笑われて、履歴書をその場で破り捨てられるんじゃないか。でも実際、面接はこんな感じだったし、不登校は問題になりませんでした。考えてみれば、面接官のほうも自分のような若者を何人も見てきてるはずです。面接時よりもむしろ履歴書を書いているときが一番恐かったように思います。勇気を出して履歴書を渡しちゃえば、あとはどうにかなるもんです。
 
 勇気を振り絞る――私の場合、それをやりました。自分が不登校であることに負い目を感じないようにしたのです。他人より劣っていると考えるのをやめました。それを考えると動けなくなってしまうから。



この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...