不登校新聞

384号 (2014.4.15)

お父さんに読んでほしい「発達障害本」

2014年04月14日 17:58 by shiko

高岡健さん

 この本はずばり「お父さんに読んでもらいたい発達障害本」です。
 
 高岡健さんの著作全般に言えることですが、高岡さんの著作は論理がしっかりしています。ゆえに発達障害をその歴史的経緯を含め、根っこから理解することができます。
 
 私もそうですが、なんだか男性は理屈っぽいと言われがちです。目の前の子どもを、息づかいや体温で直感的に理解していくというよりは、なんとか理屈で子どもを理解したいと思っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...