高岡健さん

 この本はずばり「お父さんに読んでもらいたい発達障害本」です。
 
 高岡健さんの著作全般に言えることですが、高岡さんの著作は論理がしっかりしています。ゆえに発達障害をその歴史的経緯を含め、根っこから理解することができます。
 
 私もそうですが、なんだか男性は理屈っぽいと言われがちです。目の前の子どもを、息づかいや体温で直感的に理解していくというよりは、なんとか理屈で子どもを理解したいと思っています。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。