「登校拒否を考える会25周年の集い」は手前みそかもしれないが、感動的であった。また、「感動したよ」との声を何人からも聞いた。

 まず、渡辺位さんの講演。考える会を生む経緯から言っても、25年間のそのときどきにかかわってくださった点から言っても、ずっと不登校を見てこられたうえでの本質的なことを語ってくださった点から言っても、とてもよかった。お話は深い意味でわかりやすく、あたたかかった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。