不登校新聞

261号(2009.3.1)

第4回 「自分を取り戻す」こと

2014年04月24日 12:18 by nakajima_

連載「不登校再考」


 私が日々接しているのは18歳以上の20代を中心に30代までの若者たちだ。シューレ大学にいる若者たちは、知るとか、表現するということを通じて自分とは何者か、自分はどのように社会とつながっていこうかというようなことを模索している。模索といっても、今までに生きてくるなかで自分のなかにもさまざまな縛りがあり、そうかんたんに身動きができないというようなところから始めることになる。

 身動きがとりにくいという状況はなかなか根深いもので、何が自分をどのように縛っているのかも、その正体がわからないように感じることも多いからだ。不登校に関する「縛り」も、そう単純なものではない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...