不登校新聞

261号(2009.3.1)

考える会25周年 渡辺位さんら登壇

2014年04月17日 12:39 by nakajima_
2月15日、登校拒否を考える会が「25周年の集い」を行なった。登校拒否を考える会は不登校運動の創成期、1984年設立した親の会(代表・奥地圭子)で、この日、150名の参加者が集った。

 基調講演は渡辺位さん(児童精神科医)。渡辺さんは、なぜ不登校によって親子ともに苦しむのか、という点について「平時であれば、家族、母親の母性性によって子どもの育ちは支えられる。しかし、子どもが不登校になって、人と異なる状態になったとき、母親は自責の念にかられる。子どもに対する愛情があるがゆえに、母親の自責は『母性性』を変化させ、本来の子どもへのありようとはちがった対応をとってしまう」と話した。また、「不登校を学校に『行く・行かない』という視点から見ていては、見落としてしまうものが多くある。近代社会と生き物の対決という地平から見るべきだ」と語った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...