不登校新聞

261号(2009.3.1)

声「健全な子ども象?」

2014年04月17日 16:22 by nakajima_

 さてさて先日のことですが、私たちが地元の公民館を借りて開いている居場所の広報チラシを配ってもらえないかなと、ある小学校へお願いの電話を入れました。

 で、ひと通り説明したのですが、向こうから返って来た最初の一言が「やっぱり問題のある子どもたちがそちらに行っているんですか?」ですって。どうしてそういう言葉を無造作に口にするのかな~。子どもというのは学校へ通って、集団生活をして……そういうのが健全な姿なのだっ! というイメージが抜きがたくしみ込んでいるんでしょうね、きっと。そしてそのルートと別の道を行く子どもだと、ただちに「問題がある」と、こうなってしまう……電話を終えた後、改めてつらつらとそんなことを考えました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...