不登校新聞

261号(2009.3.1)

第2回 公立中学校養護教員に聞く(下)

2014年04月17日 16:20 by 匿名


シリーズ「発達障害」


――人を分けることで学校現場が変わってしまっている、と指摘していますね。
 これまでも、ちょっと変わった子はいたし、そういう子の人数が増えたわけじゃないですよね。それでも、それなりに進路保障もできていたし、いっしょにやっていけていたんです。ところが特別支援学級に行ったら、進路だって限定されてしまう。

 結局、特別支援教育は、人を振り分ける装置でしかない。そのことが、子どもの自己価値を下げさせている。「自分はふつうじゃない」と意識させられる場が学校だなんて、おかしいですよ。しかし、そういうことを言う教員がいないんです。子どもの叫びが聞こえないのって思いますね。

 分けられると、その子の存在は、子どもたちからも忘れられてしまうんですね。公立の学校は、よくも悪くも、地域にしっかり足場ができます。それを勝手に専門家が検査して診断名をつけて振り分けて、親や本人の自己価値を下げさせている。何様なんだろうって思います。そして、振り分けたあとのことには、誰も責任を持ってない。

――親が求めてしまう場合も多いのでは?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親ってほんとに子どもが心配なの」加藤登紀子が語る子離れの瞬間

538号 2020/9/15

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...