不登校新聞

261号(2009.3.1)

ひといき

2015年01月19日 10:47 by nakajima_

 よく理事が口にする言葉。「これはイイゾ!っていうCDはないかねえ」。そんなもんあるわけねーだろーと思う。その人その人で好きなジャンルもちがうだろうし。だからCDショップに行くと、かならず迷うのである。それで結局失敗する。一度聴いただけでポイだ。私は好きな音楽は決まってるし、あらかじめネットやカタログやなんかで「これを買おう」とチェックして行くから、まず迷うことはない。ちなみに最近買ったCDで良かったのは尾藤イサオの「ワーク・ソング」。1966年に発売されたLPの復刻だが、待望のCD化だ。ブルーコメッツがバックで、最高にかっこよかった。60年代のトウビのレコードは全曲復刻してほしい。 

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...