不登校新聞

261号(2009.3.1)

ひといき

2015年01月19日 10:47 by nakajima_

 よく理事が口にする言葉。「これはイイゾ!っていうCDはないかねえ」。そんなもんあるわけねーだろーと思う。その人その人で好きなジャンルもちがうだろうし。だからCDショップに行くと、かならず迷うのである。それで結局失敗する。一度聴いただけでポイだ。私は好きな音楽は決まってるし、あらかじめネットやカタログやなんかで「これを買おう」とチェックして行くから、まず迷うことはない。ちなみに最近買ったCDで良かったのは尾藤イサオの「ワーク・ソング」。1966年に発売されたLPの復刻だが、待望のCD化だ。ブルーコメッツがバックで、最高にかっこよかった。60年代のトウビのレコードは全曲復刻してほしい。 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...