不登校新聞

260号(2009.2.15)

第3回 不登校を「肯定」しきれたか

2014年04月17日 15:25 by nakajima_

連載「不登校再考」


 1月に行なわれたJDEC(日本フリースクール大会)で、不登校もしくはフリースクールにとっての20年ということが頭の中で、うごめいていた。「不登校が一般化してきた」「もう特別の存在ではなくなった」と多くの人は感じている。では、われわれ不登校関係者は何を築きあげてきたのか? 不登校経験者は、本当に自分に対する倫理的な否定感や、社会や親への後ろめたさを感じなくてもよくなったのだろうか? 学校に行かない生き方も一つの生き方として、過去の人生に自分の人生を積み重ねながら生きているのであろうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...