不登校新聞

260号(2009.2.15)

声「4人とも、家で…」

2014年04月17日 15:38 by nakajima_

 わが家の4人のお子さんたちもずいぶん大人になり、23歳、20歳、18歳、15歳、となりました。自宅の居心地がいいらしく4人とも自宅にいます(3人は自宅育ちで学校はほとんど行っておらず、一人は中学校は不登校でした)。

 私が忙しいので、ご飯づくりや掃除、片付けなどはお子さんたちがやってくれて、のんきな母をしています。

 自動車学校へ通っている子、ユースセンター(1700円で一日勉強をみてくれるありがたいサポート校)で、ときどき勉強している子、資格を取るかアルバイトをするか決めかねている子、小学校と中学校ともにまったく通わずに高校受験をすると急に言い出した末っ子という4人です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...