不登校新聞

260号(2009.2.15)

声「居場所じゃがいも」

2014年04月17日 15:42 by nakajima_


 2月4日、「居場所じゃがいも」では、節分の豆まきをじゅうぶんにできなかったという子どもたちが、これでもかというほどに思いきって豆をまき、ぶつけ合いました。豆まきで盛りあがった後は「ずもぐり豆」という名前の、新潟県産の小粒落花生を、ほおばりました。

 「居場所じゃがいも」は、NPO法人でもなく、行政や地域との連携も全然できていません。多様な教育プログラムも居場所紹介の豪華なリーフレットもありません。月謝もなく、助成金なども得られないため財政的にも厳しく、活動場所も私の家の居間と、独自の居場所もない……。そんな「ないないづくし」の居場所を頻繁に利用する数人の子どもたちとともに、活動を10年続けてきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...