不登校新聞

260号(2009.2.15)

トランプ『大富豪』のご当地ルール!

2014年04月17日 16:13 by nakajima_
 

 部活の合宿や修学旅行の夜にみんなで盛り上がるトランプゲーム「大富豪」。しかし、この「大富豪」には、非常に多くのローカルルールが存在します。

 そのため他県の人とやると「おれの県では『あり』だった」「なしだった」と、もめることがあります。私も大学のサークルの合宿でカードの「3」を切って上がろうとしたときに、周囲から物言いが入り、罰ゲームとしてチャイナドレスを着させられたという苦い思い出があります(笑)。

 そこでルールでもめるというトラブルを回避し、かつ大富豪をより楽しくするようなルールはないものかと調べてみました。調べてみると、北海道から沖縄までなんと163個ものルールを発見できました。そのなかから編集部の独断と偏見で選んだおもしろいルールを紹介します。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...