不登校新聞

260号(2009.2.15)

第1回 福岡県公立中学校養護教員さんに聞く

2014年04月17日 16:16 by nakajima_


シリーズ「発達障害」


 今号からシリーズ「発達障害」を始める。発達障害については、05年に本紙で連載を持った。連載終了から3年が過ぎたが、07年からは特別支援教育がスタートするなど、ますます状況は動いている。あらためて発達障害について考えていくため、短期で連載する。今回は公立中学校の養護教員さんにお話をうかがった。

――特別支援教育について考え始めたきっかけは?
 特別支援教育は県や地域、学校によって、進み方がずいぶんちがうんですね。私が最初に特別支援教育に直面したのは、2003年のことです。当時勤務していた中学校の地区が、特別支援教育推進体制モデル地区に指定されたんです。しかし、そのことを直前まで、現場の教職員は知りませんでした。なぜ、その学校が指定されたかといえば、ある生徒がいたからではないかと考えています。

 その生徒はADHDと診断されていました。小学校のとき、担任が病院を勧めてADHDと診断されて、本人も保護者も服薬したくないと言っていたのに、担任も校長も「治療しないと」と言って、服薬させていたんです。中学校にも、学校で薬を飲ませるよう担当医から手紙が来ました。私は、「ちょっと待ってください。服薬は本人と保護者が決めることで、学校が飲ませるなんてとんでもないことです。私は承諾しかねます」と言いました。担任は飲ませたがっていましたが、本人は「薬を飲むと体がキツイ」と拒否するんですね。結局、学校では強いずに家庭にまかせることにしましたが、恐ろしいことが進行していると思いました。

――その後、その生徒は?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

東大生より不登校のほうが人生を始めやすい理由 東大教授・安冨歩

474号 2018/1/15

働けない人へ「100%大丈夫です」FDA代表・成澤の提案

471号 2017/12/1

ビリギャルが「偏差値の上げ方」よりも伝えたかったこと【不登校経験者が聞く】

471号 2017/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...