不登校新聞

260号(2009.2.15)

ひといき 前澤圭介・小熊広宣

2014年04月17日 16:00 by nakajima_


 先日、右下の親知らずを抜きました。親知らずが歯茎に完全に埋没していて、ふだん行っている歯科医院では「うちでは抜けない」と言われ、病院の歯口科を紹介されたのですが、そこでも「これは時間がかかるから日を改めて抜きましょう」と言われてしまい、不安は募るばかり。

 それから一週間後、いよいよ抜歯。抜歯中は麻酔がバッチリ効いていたので痛みはありませんでしたが、抜いた後は右の頬がパンパンに腫れて、物は噛めないわ、枕は血だらけになるわ、人には恥ずかしくて会えないわ(これはマスクをして何とかカバー)、散々な目にあいました。次は左を抜きます……。(東京編集局・前澤佳介)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...