◎(仮称)オルタナティブ教育法案と不登校

 学校が一枚岩で画一的だから、いつまでも不登校が苦しい問題としてある。だから選択できる学校制度にすれば問題は解決する。既存の学校に行かなくても、フリースクールやホームエデュケーションで学べば社会人になれる、結婚もできる、だからオルタナティブな教育制度を認めてほしい。そういう薄っぺらいストーリーで、オルタナティブ教育法をつくろうという動きがある。私は「多様な教育制度」に反対しているわけではないが、この法案の薄っぺらさは、どうも鼻持ちならない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。