不登校新聞

259号(2009.2.1)

かがり火 森英俊

2014年04月24日 12:06 by nakajima_


 俳優という職業には朗読という地味な分野の仕事がある。先月亡くなった牟田悌三さんの詩の朗読もなかなか味わいのあるものだった。

 牟田さんはラジオや舞台、ドラマや映画に出演中、中学生と障害のある中学生の交流活動を続けるなかでボランティアのあり方を学び、世田谷ボランティア協会やせたがやチャイルドラインの開設に関わった。牟田さんの講演会の中には、よく詩の朗読があった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...