不登校新聞

259号(2009.2.1)

かがり火 森英俊

2014年04月24日 12:06 by nakajima_


 俳優という職業には朗読という地味な分野の仕事がある。先月亡くなった牟田悌三さんの詩の朗読もなかなか味わいのあるものだった。

 牟田さんはラジオや舞台、ドラマや映画に出演中、中学生と障害のある中学生の交流活動を続けるなかでボランティアのあり方を学び、世田谷ボランティア協会やせたがやチャイルドラインの開設に関わった。牟田さんの講演会の中には、よく詩の朗読があった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...