不登校新聞

259号(2009.2.1)

第12回 なにからなにまで

2014年04月24日 12:35 by nakajima_


連載「学校のナゼ」


 わが家の子どもたちは現在、中2、小6、小3。3人とも学校に行かず、家で過ごしています。

 最初に長男が学校に行かなくなってから4年あまり。学校とのやりとりのなかで、「なぜ?」と憤ったり、悔しかったり、うんざりしたりというエピソードは数えきれません。

 もうすぐ小学校卒業を控えた次男に、先生方は「卒業文集にどうしても何か書いてほしい」とおっしゃいます。うちの子どもたちはたいてい「書きたくない」ということになるのでそう伝えるのですが、先生方は「全員を載せてあげたいから」と。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...