不登校新聞

259号(2009.2.1)

揺れる私への娘の一言

2014年04月24日 12:38 by nakajima_


 娘の不登校が始まったのは11年前、小学4年生の秋のこと。

 最初は先生が迎えに来たり、私が送っていったり。夜寝る前に学校に行くことを考えると過呼吸になって苦しくなったり、一人で立てないほどふらふらなのに「大丈夫、行く」とがんばってました。私はただあたふたしてただけ。

 その後、行ったり休んだりをくり返し、5年生の秋から半年くらいひきこもっていました。

 娘が一歩も外へ出ようとしなくなったころ、不登校当事者の話を聞く機会があり、「本当に学校に行かなくても大丈夫なんだろうか?」とたしかめるべく私は出かけました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...