不登校新聞

259号(2009.2.1)

声 「立ち上げて19年」

2014年04月24日 12:42 by nakajima_


 この2月で「浜松登校拒否親の会」を立ち上げて19年。「よくぞまあ、続いたもの!」と感慨深い。

 2005年7月に市町村合併し、2007年4月、82万人の政令指定都市になった浜松市では、現在900人あまりの不登校の子どもたちがいる。

 「子ども第一主義」のマニュフェストで当選した市長と去年、15の市民団体が話し合う場を持ち、提言書を作成。だからといって大きな変化はなく、たいして力もないけれど…いろいろ発信していく必要を感じている今日このごろ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...