不登校新聞

259号(2009.2.1)

第259回 バスジャック事件はなぜ

2014年04月24日 13:08 by nakajima_

連載「不登校の歴史」


 2000年5月3日、佐賀駅バスセンターから出発した福岡天神行きの西日本鉄道高速バスを乗っとり、走り続けるバスのなかで3人の女性客を切りつけ、1人死亡という事件を起こした少年は、不登校だった。

 なぜ、少年はそこまで、追いつめられてしまったのだろうか。すべては報道から知ったことだが、少年の置かれた状況の概要を記して、そのあたりのことを考えてみたい。

 少年は両親と妹の4人暮らしで、小さい頃から勉強ができる子だった。運動は苦手、性格はおとなしいほうだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...