不登校新聞

259号(2009.2.1)

第259回 バスジャック事件はなぜ

2014年04月24日 13:08 by nakajima_

連載「不登校の歴史」


 2000年5月3日、佐賀駅バスセンターから出発した福岡天神行きの西日本鉄道高速バスを乗っとり、走り続けるバスのなかで3人の女性客を切りつけ、1人死亡という事件を起こした少年は、不登校だった。

 なぜ、少年はそこまで、追いつめられてしまったのだろうか。すべては報道から知ったことだが、少年の置かれた状況の概要を記して、そのあたりのことを考えてみたい。

 少年は両親と妹の4人暮らしで、小さい頃から勉強ができる子だった。運動は苦手、性格はおとなしいほうだった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...