不登校新聞

258号(2009.1.15)

不登校その後 仕事が楽しい

2014年04月24日 14:58 by nakajima_


 不登校の、その後は――。今回不登校経験者である前澤佳介さん(24歳)にお話を聞いた。前澤さんは現在、不登校の子どもたちと直接関わる訪問スタッフのアルバイトをしている。訪問スタッフという仕事や今後についてうかがった。

 不登校の子どもたちとどう関わるか。相談事業や居場所づくりなど、官民問わず、さまざまな取り組みがこれまで続けられてきた。現在、前澤さんがアルバイトとして関わっている訪問スタッフも、そうした取り組みの一つだ。

 不登校の子どもたちは現在およそ13万人。そのうち、適応指導教室やフリースクールなどの居場所に通っているのは半数ほどで、不登校の子どもたちの多くが家を中心にすごしている。訪問スタッフとは、そうした子どもたちの家に赴くなどし、話し相手や遊び相手となるのがおもな仕事だ。前澤さんが訪問スタッフを始めたのはちょうど1年前だった。

 「中学3年生の男の子が将棋や電子工作をいっしょにできる人をほしがっているということで、僕に声がかかったんです。家のなかでボードゲームなどで遊ぶときもありますが、その子のお母さんといっしょに3人で出かけることも多いですね」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...