不登校新聞

258号(2009.1.15)

第4回 子どもを信じて命に委ねる

2014年04月24日 15:14 by nakajima_


連載「親子ってなんだろ?」


第四回目の「親・子ってなんだろ?」は前回に引き続き、埼玉県の「光の子どもの家」の設立者・菅原哲男さんのお話を掲載する。
――最近印象深かったことは何ですか?
 2年ほど前、施設の卒業者が突然、身ごもって施設に現れたんです。彼女は卒業後、保育士になろうと専門学校に行ったんですが、そのときは施設のことをボロクソに言ってましたね。ホントにかわいくない子で(笑)。

 彼女は専門学校3年生のとき逐電してしまったんです。当然、誰も連絡がとれずに、心配していたら数カ月後、いきなり現れました。当時21歳、とにかくお腹の子は「産みたい」と言う。もう職員会議は紛糾ですよ。「どうするんだよ!」「だって産みたいんだから、産めるように応援するべきだろ」「いや不幸な子どもをもう一人つくるわけにはいかない」……、いろんな意見が出ましたが、結局、誰も彼女に『堕ろそう』とは言えない。この施設で子どもを産みました。そしていまも、この施設で母子ともに暮らしています。

 この施設では、枠組みやいままでの既成概念にとらわれていては、やっていけないことが本当に多くありました。それは法律にさえ言えることです。法律をただ遵守していれば、子どもたちを守れるなんてことはないんです。

――施設内の子で不登校の子もいると聞きましたが、不登校については?

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...