不登校新聞

258号(2009.1.15)

声 「息子のお正月」

2014年04月24日 15:32 by nakajima_

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 昨今の世界事情もわが国の事情も生活の基盤をおびやかす厳しいものとなっていますし、政治がどうなるかもよくわかりませんが、お天気がよく、テレビもあまり観ない、静かなお正月を過ごしています。

 こもり人の息子が、今年は1階の私の両親の年始挨拶に不参加するとのこと、思えば正面切っておだやかに不参加を心から認め、両親にもあたりまえのように告げたことって、はじめてだったかもしれません(なしくずしはなんとなくはありましたが……)。

 最後の気兼ねがとれて私もほっとしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...