不登校新聞

258号(2009.1.15)

第258号 佐賀バスジャック事件

2014年04月24日 15:51 by nakajima_

連載「不登校の歴史」


 IDEC(世界フリースクール大会)の日本開催と、それをきっかけとする「フリースクール全国ネットワーク」の誕生について述べてきたが、以前「後にふれたい」と記した点について戻りたい。

 それは、佐賀の西鉄バスジャック事件である。IDEC開催は、2000年の7月であり、バスジャック事件は同年5月に起きた。どちらもマスコミの取材対象となった。そしてどちらも不登校の少年がかかわっていた。記者たちは、単純に、こう言った。「同じ不登校でも、佐賀の少年は、自分本位であんなメチャクチャな傷害事件を起こしたが、君たちはえらいね。力をあわせて、こんなすばらしい大会を実現できているから」。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...