不登校新聞

258号(2009.1.15)

第258号 佐賀バスジャック事件

2014年04月24日 15:51 by nakajima_

連載「不登校の歴史」


 IDEC(世界フリースクール大会)の日本開催と、それをきっかけとする「フリースクール全国ネットワーク」の誕生について述べてきたが、以前「後にふれたい」と記した点について戻りたい。

 それは、佐賀の西鉄バスジャック事件である。IDEC開催は、2000年の7月であり、バスジャック事件は同年5月に起きた。どちらもマスコミの取材対象となった。そしてどちらも不登校の少年がかかわっていた。記者たちは、単純に、こう言った。「同じ不登校でも、佐賀の少年は、自分本位であんなメチャクチャな傷害事件を起こしたが、君たちはえらいね。力をあわせて、こんなすばらしい大会を実現できているから」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...