不登校新聞

258号(2009.1.15)

書評「りんご畑の特別列車」

2014年04月24日 16:02 by nakajima_

著・柏葉幸子/講談社

 パンの木になった大きな実は、皮をむいて櫛形に切るとバターがとろけたパンが現れる。言葉を話す大きなビーバーは、貝殻でできた船の運転手。そこらに住む人はみんな魔法が使えるらしい。いつもの習いごとの帰り、主人公の女の子が乗った列車は、そんな世界に迷い混む特別列車だった。元の世界に戻るために、そして魔法の世界で初めて出会った魔王の、家族との暮らしをとり戻すため、修行の旅に出るわんぱくな王子のお供をすることになる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...